中古パソコンのコスパの高さに驚く!正しい選び方

中古パソコンとは誰かが数年ほど使った中古品です。意味合いとしては中古車などと同じなのですが、見るべきポイントはやはりクルマとは違ってきます。ここでは中古パソコンの買い方をご説明致します。

中古パソコンはネット通販or実店舗のどっちで買うべき?

中古パソコンを買うにあたってはネット通販を利用する方法と実店舗で購入する方法の2つに大きく分かれます。それぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いと言い切れません。それではそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

ネット通販のメリット・デメリット

ネット通販の最大のメリットは非常に多くの物件の中からパソコンを選択することが可能な事です。自分の欲しい仕様の欲しいブランドの機種をほぼ確実に入手することが可能です。

値段に関しても千差万別で、安いものから高いものまで幅広く物件があるので同じ価格帯でも実店舗で購入するよりも、より高性能なパソコンを入手することも可能です。

ネット通販のデメリットは現物を買う前に現物を確認出来ないので、買おうとしているパソコンの状態を文章や写真(動画)でしか確認できない点です。極端な話ですが、写真では綺麗に見えても現物は傷だらけだった…… ということも可能性としてはあります。

また、中古品に時折見受けられる初期不良の対応もネット通販店舗によりまちまちなのでこの辺は購入前にチェックすべき事柄です。

実店舗ならば初期不良の場合でも直ぐに店舗に持って行って直して貰えますが、通販の場合は一旦送り返すことになるのでレスポンスは実店舗で買う場合よりどうしても落ちてしまいます。

実店舗購入のメリット・デメリット

実店舗で購入するメリットはやはり現物を確認して購入ができる点です。

またパソコンの説明も店員から色々受けることも可能ですし、万が一トラブルが起こった場合でも購入店舗が近くにあれば即座に対応してくれるでしょう。この安心感はとても大きいです。

デメリットとしてはネットで購入する場合に比べて大幅に中古物件の選択の自由が失われる点です。

また価格もネット通販で買ったほうが安上がりという事も多々あります。

自宅から無理なく購入可能な店舗で中古パソコンを探すのとネット通販を利用するのとでは、やはりネット通販の方が遥かに多くの物件を取り揃えており、またスマートフォンからも購入手続が可能ということで現在中古パソコンの取引はネット通販の方が人気があります。

結局どっちがいいの?

ある程度パソコンの知識があり、簡単なトラブルならば自力で解決できるような方であればネット通販がオススメです。豊富な中古物件の中からお気に入りの一品を探し出すこともそれほど難しくないでしょう。

逆にパソコンの知識がそれほどない方であれば実店舗での購入をオススメします。パソコンは買って終わりではなく購入後自宅に帰ってからディスプレイやキーボード・マウスとの接続。

O/Sのセットアップ。インターネットへの接続設定。各種ソフトウェアのインストール及びセットアップなどなどやることが沢山あります。

ここでトラブルが発生した場合、実店舗で購入したのであれば、そのお店が心強い味方になってくれる筈です。

中古パソコンの正しい選び方・注意点

中古パソコンを購入するにあたって最大のポイントはこの購入店舗の評判です。

これはネット通販で買う場合も、実店舗で購入する場合も全く一緒になります。例えば、クルマやバイクを購入する場合でも一番重要になってくるのは店選びです。

良品を取り扱う店舗とそうではない店舗というものはやはり存在しますし、保証内容も店舗によってかなり変わってきます。購入前に必ずお店の評判と保証内容についてはネットでチェックしましょう。

中古パソコンの選び方やおすすめショップは下記の記事を参考にしています。

おすすめの中古パソコンショップランキングと選び方・買い方を解説!

それ以外の、個々のパソコンの状態を見極めるポイントを幾つか挙げます。

付属品は揃っているか?

取扱説明書や新品購入時に付属するDVD類などは揃っているか? 確認します。メーカー品のパソコンはO/Sがクラッシュした場合、専用のレスキューディスクが必要となることが多いので付属品は必ず確認しましょう。

パソコンの外観はキレイか?

パソコンがちゃんと手入れをしてあるかどうかを確認します。これにより店舗がきちんと中古パソコンを管理しているかどうかが分かります。

キーボードの状態のはどうか?

デスクトップの場合はそもそもキーボードが付属しない事もあるので、主にノートパソコンに当てはまります。余りにキーボードが擦り減っているパソコンは酷使されていた可能性があります。

バッテリーが死んでいないか?

これもノートパソコンの場合です。ノートパソコンのバッテリーは殆どの店舗で保証対象外となっているので最悪バッテリーを新品に買い直す必要が出て来ます。

実店舗の場合は電源コード抜いて電源が直ぐ切れる場合はバッテリーが死んでいるので確認出来ます。ネット通販の場合でも殆どの場合確認に答えてくれる筈なので、ぜひ聞いてみましょう。

知っておきたいパソコンのスペック知識

以下にパソコンのスペックについて挙げますが、「読んだが全くわからん!」という人は、その後の「アナタに最適なパソコンのスペック」で使用用途をまとめてみて販売店に直接確認してみることをオススメします。

CPU

Central Processing Unit の頭文字を取ったもので、日本語だと中央処理装置と呼ばれています。

パソコンの諸々の処理計算を行うパーツで、この部品が高性能であればあるほどパソコンの処理能力が向上します。

製造メーカーはインテルとAMDが二大巨頭として存在し、インテルは性能の高い順にXeon、Core i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium、Celeronとシリーズをラインアップしています。

この内Xeonはサーバーやワークステーション用のCPUでMAC Proといったごく一部の非常に高価なパソコンにしか採用されていません。

AMDは性能の高い順にRyzen Threadripper、Ryzen 7、Ryzen 5、FX、Ryzen 3、Aシリーズとラインナップしています。この内FXシリーズはRyzenシリーズより古いCPUです。

また性能が同等であればインテルよりAMDのCPUの方が値段が安い傾向にあります。

CPUの性能の指標には「クロック速度(動作周波数)」と「コア数」というものがあるのですが、現在これらの数値が高いからといって一概に高性能とも言い切れません。

なので「Core i5よりCore i7の方が性能が上」といったように、シリーズで覚えておいたほうが良いです。

メインメモリー

パソコンの主記憶装置です。単にメモリと呼ばれる場合もあります。CPUとメモリの間で情報のやり取りをしてパソコンは動作します。

現在主流のWindows10はメモリ消費が激しいO/Sなのでメモリー容量は8GB以上は欲しいところです。

ハードディスクドライブ

パソコンの補助記憶装置です。HDDと表記される場合もあります。電源が入っていない間はここにデータが格納されています。

ハードディスクドライブはメインメモリーに比べ動作がとても遅いので、ハードディスクドライブから一旦メインメモリーにデータを展開し、そこからCPUと情報をやり取りします。

容量が大きければ大きいほどたくさんのデータをパソコン内部に格納することが可能です。

SSD

Solid State Driveの頭文字を取りSSDと呼ばれます。

機能としてはハードディスクドライブと一緒なのですが、ハードディスクドライブが磁気ディスクにデータを格納するのに対し、SSDは半導体(フラッシュメモリー)にデータを格納します。

この為、データの転送速度がハードディスクより圧倒的に速いのが特徴です。効果としてはパソコンの起動速度が早くなる他、システム全般が高速化します。

目に見えて効果のある部品です。

グラフィックボード

パソコンの画面描画を担当するパーツです。「グラボ」と略されることもあります。静止画、2D動画、3Dのポリゴン処理を一手に引き受けます。

安いパソコンには搭載されてないものあり、その場合「オンボード」と表記されます。実際にはCPUとマザーボードで画面の描画を行っています。

ゲームやホームシアター用のPCが欲しい場合には特に重要な部品となります。

用途別に!アナタに最適なパソコンのスペック

パソコンはなんでもこなそうとすると、とても高い費用がかかります。用途により重要な性能が変わってくるので、ここでは用途別に重要となるパソコンのスペックを見てみたいと思います。

仕事用パソコン

ワードやエクセルといった業務用ソフトが付属しているか確認しましょう。後から買うとなると結構な出費となります。

性能はそれほど高いものでなくとも構わないのですが、あまりにパソコンの性能が低いと作業に支障がでるので、そこそこの性能を持ったものが必要です。

会社勤めの方であれば、会社のパソコンを基準に考えても良いでしょう。

ネットサーフィン用パソコン

インターネットの閲覧やウェブショッピング、Youtubeなどの動画鑑賞といった用途向けのパソコンもそれほど高いモデルでなくとも良いのですが、動画再生にはグラフィックボードを搭載したモデルの方が快適です。

ホームシアター用パソコン

TVと接続し4K動画を観たいといった場合、グラフィックボードの性能が重要になります。

グラフィックボードの型番を調べ4Kでの動作が可能かどうか調べる必要があります。

またCPUの性能もそれなりに要求されるので、自信がない場合は販売店に相談してみることをオススメします。

アクションゲーム、画像編集、動画編集用パソコン

これらは共にパソコンに非常に負荷をかける処理です。高性能でしかもバランスの良いパソコンが必要となります。

ことによっては新品を買ったほうが安上がりという可能性も出て来ます。これもパソコンにそれほど詳しくない場合は販売店に相談してみることをオススメします。

まとめ

中古パソコンは種類も品も豊富にあり、余りにも豊富過ぎて逆にどれを買ったら良いか分からないという方も多いと思います。

この記事がその判断材料のひとつとなれば幸いです。